事業家をめざす社長のための教科書

使命とともにビジョンと利益を実現させる事業化支援の専門家

女性経営者が、未来をつくる経営者に向いている理由

女性経営者が、未来をつくる経営者に向いている理由
女性は、仕事が続けにくいという意見を、まだまだ耳にします。
でも、それは、フルタイムで残業もこなし、24時間のほとんどを仕事として過ごすということが規範となっている思考からくる言葉です。
通勤も含めて1日12時間近くも仕事だけに時間を使う生活をしていたら、家事も、子育ても、介護も、自己成長も、というのはそれは無理、となります。
でも、経営者ならば、この一般的な規範では「時間の制限」と捉えられることも、プラスに変えやすいです。
なぜならば、時間や場所に縛られずに、お金を生み出す方法を必死で考え、そして実行しなければならないからです。
子供のお迎えの時間やお世話は、何の仕事をしていようが、待ったがありません。
一緒に過ごしたいと願う家族の命は、仕事とは関係なしに流れているのです。
もう、「家庭や子供の事は妻に任せて猛烈に働く男性経営者」の時代は終わったのです。
自らの時間価値を高める事業でを推し進め、皆で幸せにする道を、女性だからこそ旗を振りやすいのです。
ある女性美容室経営者さんは、お子さんが生まれたときに、大改革行われました。
サロンの営業時間を大幅に短縮し、メニューを刷新し、高価格路線を取られました。
これは、保育園のお迎えの時間があるため、背に腹の替えられの事だったので、最初は利益が減ってもしょうがないと腹をくくってスタートされたことでした。
しかし蓋をあけてみれば、逆に利益は増えました。
もし子供が生まれなかったら、自分はずっと同じ働き方をしていただろう。
しかも、スタッフにも同じ働き方をさせていただろう。
と、その経営者さんはお話しくださいます。
子育てや介護はハンディではありません
時間価値を高める生き方や転換するチャンスです
一緒に次の時代へ動き出す事業育てませんか。
事業を加速更新させる塾 ビズアッチェ(biz accelarator)始動してます。
ビズアッチェ説明頁こちらからどうぞ
わたしも、子供がいるからと言わないと決めてます。子供を家族に預けて、11日間ヨーロッパへいったときの写真です。今度は、子供も一緒にゆくことを約束させられました。でも、それは、「自分も見知らぬ世界をみてみたい」好奇心をもった子供も、仕事で一緒につれてゆくわたし自身の自由を、加速させるためです。

わたしも、子供がいるからと言わないと決めてます。子供を家族に預けて、11日間ヨーロッパへいったときの写真です。今度は、子供も一緒にゆくことを約束させられました。でも、それは、「自分も見知らぬ世界をみてみたい」好奇心をもった子供も、仕事で一緒につれてゆくわたし自身の自由を、加速させるためです。

ABOUT THE AUTHOR

みかんぐみ株式会社事業化コンサルタント/中小企業診断士/代表取締役WadaMika
使命で利益を実現させる専門家、事業化支援コンサルタントの和田美香です。

≪お役にたてること≫
・価格競争にまきこまれず利益を確保するしくみづくりとお金の見える化
・ビジョンと利益をミッションで実現するPR・マーケのしくみづくり
・挑戦する事業に、チーム・顧客・応援者をまきこむストーリーづくり
・事業オーナーになるためのステージアップの道づくり

《簡単自己紹介》
・ストレングスファインダー 最上・収集・運命・戦略・着想
・資格 中小企業診断士/PRSJ認定PRプランナー/インテリアコーディネーター/宅地建物取扱主任者
・得意なこと 信念をもった未来のワクワクを語り道をつくること、突然のひらめきを披露しあうこと,アイデアやひとをくっつけること。
・苦手なこと 決まった事の繰り返しや、すべてに同じことが必要な場面。夜の懇親会。
・ちょっぴり先の夢 しょうがいしゃ雇用と農業と輸出(外貨獲得)のアイデアを実現させる第一歩さがし。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top