事業家をめざす社長のための教科書

使命とともにビジョンと利益を実現させる事業化支援の専門家

格安SIMにする前に背中おしてもらいました

格安SIMにする前に背中おしてもらいました
最近、「携帯会社をのりかえるから、メールアドレスかわります」と連絡をくれる知人がちらほら。
simフリーの携帯にするとのこと。
どれぐらい安くなるのと聞いたら、1万円ぐらいのが2千円ぐらいに下がると。
えー、それはすごすぎる!
そのお金があったら、何に使えるかなあとワクワクしました。
でも、いやいや、と、腰の重たいわたしは考え込んでしまいます。
iPnoneの機器を分割ではらっているので、残債がまだしばらくあるうえ、それがいくらかよくわからない。
そのうえ、たしか契約にしばりがあって、契約解除すると、違約金がたしかとられるはず、と、調べもしないうちから、ネガティブなことを考え始めてしまいました。
こんなループにはいったら、結局、「コスト削減の手間が面倒」と、放置のままです。
ところが、今回、格安simに乗り換えるためのコンサルティングサービスを友人が開始したというので、利用させてもらいました。
わたしはただ、自分の携帯電話の使い方でも、格安simを利用するに値するのかという点が不安だったので、ぞれを聞いてもらいたかったからというのが最初のきっかけでした。
その不安とは、遠方に住む母との通信手段が唯一、ソフトバンクのホワイトプラン(ソフトバンク同士の通話なら無料というプラン)に頼っていたからでした。
mailもSNSもなにひとつやらない母とは、電話とFAXだけでつながっています。
コンサルティングを受けた結果、受けて正解でした!
通信と通話のバランスの診断にはじまって、どの格安simのサービスが最適なプランをもっているかという点からはじまり、どんな手順が必要か、どこへゆけばいいか、いつ乗り換えの手続きをするのが最適かといった個別のシュミレーションや、最適化される金額まで、わたしにあった内容にそくして話してくださるのです。
実家の母との通話料金についての不安も、しっかり解消しました。
名刺に電話番号を載せているので、通話も大切な要素である点も解消しました。
いつ手続きすればいいかと、損益の交わる点がグラフで表示されたのが、いちばんインパクトがおおきかったです。
腰の重たいわたしは、話の途中まで「いいのはわかった、そのうちやる」てな気持ちでも実はあったからです。
グラフをみたとたん、「やったほうがいい」という気持ちから、「やらねば」にスイチッチがバシっと入りました。
結局、残債がのこっているで、8月に乗り換え手続きするとよいということがわかりました。
でも、この「すごいことおしえてもらえたよー」という感動が大きかったので、家族にいそいそと話したところ、なーんと、相方は、すでに機種の残債がなかったため、さっさとsimフリーを契約してしまうという連鎖反応までおこってしまいました。
いいのはわかってるけど、腰がおもたいという方には、コンサルティングをうけて加速するという方法もぜひおすすめしたいです。
本や雑誌を読むだけでは進まないスピード感を得られます。
そう、コンサルティングサービスって、時間を買うということでもあるんですね。
そんな王道なサービスをうけお得感も味わわせてもらいました。
寺澤さんありがとうございました。
シャンゼリゼ大通り。ツールドフランスファンでまいとし、最終日の凱旋行進を楽しみにみている様子を頭にうかべて、通りにでてみたら、ぜーんぜん印象がちがいます。あたりまえですよね。夏と冬で光の印象が違ううえ、パレード行進は、上空からか中継車の上から目線であるのにくわえ、わたしはただ地べたを歩いているだけなのですから。

シャンゼリゼ大通り。ツールドフランスファンでまいとし、最終日の凱旋行進を楽しみにみている様子を頭にうかべて、通りにでてみたら、ぜーんぜん印象がちがいます。あたりまえですよね。夏と冬で光の印象が違ううえ、パレード行進は、上空からか中継車の上から目線であるのにくわえ、わたしはただ地べたを歩いているだけなのですから。

ABOUT THE AUTHOR

みかんぐみ株式会社事業化コンサルタント/中小企業診断士/代表取締役WadaMika
使命で利益を実現させる専門家、事業化支援コンサルタントの和田美香です。

≪お役にたてること≫
・価格競争にまきこまれず利益を確保するしくみづくりとお金の見える化
・ビジョンと利益をミッションで実現するPR・マーケのしくみづくり
・挑戦する事業に、チーム・顧客・応援者をまきこむストーリーづくり
・事業オーナーになるためのステージアップの道づくり

《簡単自己紹介》
・ストレングスファインダー 最上・収集・運命・戦略・着想
・資格 中小企業診断士/PRSJ認定PRプランナー/インテリアコーディネーター/宅地建物取扱主任者/7つの習慣ボードゲーム公式ナビゲーター
・得意なこと 信念をもった未来のワクワクを語り道をつくること、突然のひらめきを披露しあうこと,アイデアやひとをくっつけること。
・苦手なこと 決まった事の繰り返しや、すべてに同じことが必要な場面。夜の懇親会。
・ちょっぴり先の夢 しょうがいしゃ雇用と農業と輸出(外貨獲得)のアイデアを実現させる第一歩さがし。

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

Return Top