事業家をめざす社長のための教科書

使命とともにビジョンと利益を実現させる事業化支援の専門家

生き続けるには、深く掘るか、横にずれるか「始めたことがずっと続くわけでない」

勤め人を辞めて、14年たちました。
いろんなことを転々として、開業して8年目です。
肩書も、転々としてます。
おもなところを拾ってみました。

コンテンツ開発と販売の小さなIT会社の常務→PRコンサルタント→アプリケーション開発と販売の小さなIT会社の 専務→集客コンサルタント→自分代表の会社設立→美容室専門開業プロデューサー→高価格化コンサルタント

最初の事業は、3か月で空中分解しました。
事務所も構え、従業員も3人かかえての気前のよいスタートでしたが、売上が予想通り伸びませんでした。
対象は、ネットカフェ。そして、つぎは整体などリラクゼーション施設でした。
売上もたてなければ、コンテンツもつくらなければ、営業もしなければと、しっちゃかめっちゃかだけの時間でした。
崖っぷちにいるので、食い扶持をなんとかするために、自分のスキルの棚卸しをここではじめてしました。
そして、勤め人時代にやっていた業務のひとつ、広報職の仕事を企業に売る仕事を始めました。
でもこれ、一部向いてるけど、一部むいてない業務があるのが苦しかったです。
店舗の集客支援も、このときぽちぽち始めてました。
また別の出会いによって、次の仕事もひょんと平行してはじめました。
飲食店舗が顧客対象のメインでした。
こんどはバックオフィスすべて担当しました。
顧客対応からマニュアル作成、入出金管理も含めて、などなど。
でもまあ、これもまた組織を維持拡大できるほど売れなかったんですねー。
とういうことで、顧客がずっとついてくださって細々とつづけていた店舗の集客支援にまた食い扶持のために本腰いれました。
美容室やエステ、整体の分野で、関東圏営業しました。
安売りせずに集客するという肩書は、このときから使ってました。
で、店舗の箱もプロデュースする相方と組んで、みかんぐみ株式会社を設立。
わたしがコンサル、店舗づくりが相方と、すみわけし、同じ顧客に二人で別分野を担当することに。
美容業界で専門コンサルとしてある程度関東圏では知ってもらえるようになりました。
いろんな人から相談をうけるなかで、つながりを活かして店舗出店。
とういような流れです。

こうやって並べてみると、商品は随分変わっていますが、顧客は店舗対象でほぼかわっていませんね。
顧客の悩みをあれこれ解消することでわたしは横ずれしてきたのだと、振り返ってみるとみえます。

有名な会社さんだって主力商品がかわってることありますよね。
例えば、自動車で有名な日本のトヨタさんも、最初は、紡織機の会社さんだったところから、技術を応用して、商品を変え、顧客を変えてこられた。
顧客の悩みに対応する技術を活かされた例になります。

フジフィルムさんも、いまはカメラのデジタルデータ化によりフィルム製造販売ではなく、化粧品製造販売に軸足を移しておられます。
顧客の悩みに対応する技術を活かされた例になります。

大きな会社と、自分の軌跡をいっしょくたにするなって?
でもね、最初に思い描いていた道筋がうまくゆかなくなるときだってあるのです。
いまうまくいっているものでも、ずっと今後永続的にうまくゆくとは限らないのです。

だから、生き続けるために、横へずれるのも、みわたせばいろんな例があるから、もし「いまの自分はこれでいいのか」と思うことがあったら、自分はいまどっちへ向かうのかどうかって問うてみては、と、お伝えしたいわけです。
深化するのか?
横へずれるのか?

いまの顧客にいまの技術を売り続けることばかりを深堀りしなくてもいいのではとお伝えしたいのです。

真面目一筋、古来よりずっと続くストーリーがあることがもてはやされます。
歴史があることがもてはやされます。

そんなまじめな罠にはまると、横へずれることは、悪だと、もしかしておもってませんか。

会社をたたんでも、それは死ではなく、次へのチャンスです。
チャレンジをしつづけることで、生き続ける。
いまは、終着点ではなく、つかみたい未来にゆくまでの過程にしかすぎません。
そうとらえられれば、横へずれることだってぜんぜん恥ずかしくありません。

キャンプファイヤーの火は、いろんな燃料からできますよね。エタノールと、薪をくらべてみる機会がありました。エタノールは火が青いんですね。それから、火力がずっと一定。ゆれる感覚は水をみているようでした。火の薫りと色と、揺れ具合が、薪のキャンプファイヤーとはまたちがう癒し効果と今年初めて感じました。

キャンプファイヤーの火は、いろんな燃料からできますよね。エタノールと、薪をくらべてみる機会がありました。エタノールは火が青いんですね。それから、火力がずっと一定。ゆれる感覚は水をみているようでした。火の薫りと色と、揺れ具合が、薪のキャンプファイヤーとはまたちがう癒し効果と今年初めて感じました。

非常識に挑戦し社会に貢献したい社長様と組織を応援します!
高価格化、集客やブランディング 、高収益化、ビジネスモデル立て直しなどについて、和田へのご相談はこちらから。
http://www.5years.net/contact

——————

「事業家をめざす社長のための教科書」 http://www.5years.net/
「はじめての美容室独立開業工事110番」http://salonopen.com/

——————
毎日の幸せを実感しつづける人生を本物の美容と健康づくりで応援する
みかんぐみ株式会社
和田美香

ABOUT THE AUTHOR

みかんぐみ株式会社事業化コンサルタント/中小企業診断士/代表取締役WadaMika
使命で利益を実現させる専門家、事業化支援コンサルタントの和田美香です。

≪お役にたてること≫
・価格競争にまきこまれず利益を確保するしくみづくりとお金の見える化
・ビジョンと利益をミッションで実現するPR・マーケのしくみづくり
・挑戦する事業に、チーム・顧客・応援者をまきこむストーリーづくり
・事業オーナーになるためのステージアップの道づくり

《簡単自己紹介》
・ストレングスファインダー 最上・収集・運命・戦略・着想
・資格 中小企業診断士/PRSJ認定PRプランナー/インテリアコーディネーター/宅地建物取扱主任者
・得意なこと 信念をもった未来のワクワクを語り道をつくること、突然のひらめきを披露しあうこと,アイデアやひとをくっつけること。
・苦手なこと 決まった事の繰り返しや、すべてに同じことが必要な場面。夜の懇親会。
・ちょっぴり先の夢 しょうがいしゃ雇用と農業と輸出(外貨獲得)のアイデアを実現させる第一歩さがし。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top