事業家をめざす社長のための教科書

使命とともにビジョンと利益を実現させる事業化支援の専門家

独立した時から その1 いつ理念型になったのか

7年目にして、急に、売上高を伸ばすことに目が向き始めました。
2億から10億の企業にする、と勢い込んでおります。
経営計画書、近いうちにきちんと数字でつくります。

できないことはなにもない、望めばなんだって叶えられる。
そして、それを叶えるのは自分でもある。
そう考え足がふるえる想いを最近しました。

あちこちで、やりたいことを話していると、どうして独立したのですか?とか、どうして美容業界だったのですか?とか、どうして社名がみかんぐみなんですか?とか、いろいろ、いまのビジョンにゆきついた、過去から現状につながる間の質問をいただきます。

振り返ってみると、自分でみて、自分の過去の行動は、ほんとになんにも考えてなくて、ほんとに無知だったと、笑えるぐらいおかしいともおもいます。

たとえば、

理念なんて最初ありやしなかった

会社つくるなんて簡単としかかんがえてなかったなあ。
登記すれば終わりなのだからと思っていたから。
理念とかビジョンとか、使命とかミッションとか、そんなのひとかけらもありませんでした。

ただ、勤め人をやめ、給与がはいってこなくなるお金の恐怖だけが、辞める前にすごくありました。
母一人で子供2人を育てお店を経営していた友人のお母さんに会いに福岡までゆき、ふぐたべさせてもらいながら相談していた自分がよみがえってきます。
ああ、わたしは怖がっているのだなあと話しながら感じ、不安な気持ちが言語化できたことで、「怖いだけか」と気持ちが落ち着き、次に行動できたことを思い出します。
だから、ただ勢いだけだった。

で、なんで独立だったか?
自分の時間を、自分で使いたかったから。

究極にはそこだったように思います。
それしかなかったような気もします。
きわめて利己的な理由ですね。

いま、開業支援させていただくなかで「独立の意味付けや理念は、いまの勤め先の不満から発するものだけでは事業として長続きしないから、表向きにでも挑戦することなど、理念はあったほうがいい」と、お伝えしています。

でも告白します。
なんてことない。
わたしも、一番最初は、理念なんかなかったんです。
偉そうなこと、ほんとは言えませんね。

 

お客さんに磨いてもらってきた

走りながら、倒れないように前だけをみて進むうちに、途中で、理念にきづかせてもらってきました。

そこでお金をいただく意味をみつけなければ、お客様に対価を正当なものとしていただけなかったからです。
そこに自分や自社の貢献がなにかを伝えなければ、仕事がいただけなかったからです。

いまわたしは、事業の理念は、さも自分のなかから生まれたような顔をして語っています。
でも、ほんとうのところは、お客様になっていただいた方とのやりとりのなかで、磨いてもらって出来てきたようなものです。

きっと、これからも、理念(ビジョン)はかわりつづけます。
だって、素敵お客様にお会いすればするほど、 行きたい世界はどんどん素敵な方向に成長するばかりだし、貢献できる範囲も鍛えられ磨かれてゆくからです。

 

変わらないもの

ただ、ミッション(使命)だけは、社名に込めた図像を、ずっとわすれず共有してゆきたいです。

あたたかなオレンジ色の太陽のひかりを浴びて、気持ちよく、幸せな気持ちになれるような世界を広げるチームでありたい、という想いです。

自分の名前からつけただけの会社名でしょ、とか言われます。
でもね、違うんです。
わたしにとって、「みかん」は、太陽を象徴する果物なんです。

「太陽のような、ただ存在することで貢献できる組でありたい」という想いがこもっていることを、信じてもらえる事業活動、今後もしてゆきます。

 

行き先がきまってたほうがいいにきまってます。だからあなたには理念やミッションをもっていただきたいと、わたしの経験からお伝えします

行き先がきまってたほうがいいにきまってます。だからあなたには理念やミッションをもっていただきたいと、わたしの経験からお伝えします

 

 

 

 

 

 

みかんぐみ株式会社 代表取締役 和田美香
http://salonopen.com/ はじめての美容室独立開業工事110番
http://5years.net/ 事業家をめざす社長のための教科書

ABOUT THE AUTHOR

みかんぐみ株式会社事業化コンサルタント/中小企業診断士/代表取締役WadaMika
使命で利益を実現させる専門家、事業化支援コンサルタントの和田美香です。

≪お役にたてること≫
・価格競争にまきこまれず利益を確保するしくみづくりとお金の見える化
・ビジョンと利益をミッションで実現するPR・マーケのしくみづくり
・挑戦する事業に、チーム・顧客・応援者をまきこむストーリーづくり
・事業オーナーになるためのステージアップの道づくり

《簡単自己紹介》
・ストレングスファインダー 最上・収集・運命・戦略・着想
・資格 中小企業診断士/PRSJ認定PRプランナー/インテリアコーディネーター/宅地建物取扱主任者
・得意なこと 信念をもった未来のワクワクを語り道をつくること、突然のひらめきを披露しあうこと,アイデアやひとをくっつけること。
・苦手なこと 決まった事の繰り返しや、すべてに同じことが必要な場面。夜の懇親会。
・ちょっぴり先の夢 しょうがいしゃ雇用と農業と輸出(外貨獲得)のアイデアを実現させる第一歩さがし。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top