事業家をめざす社長のための教科書

使命とともにビジョンと利益を実現させる事業化支援の専門家

ひとり社長のメニュー改定歴紹介 17

価格を上げ、利益を増やし、ビジョンにつながるための3つの大切なコト覚えていますか?
1、顧客の見える化(マーケから)
2、利益の源泉の見える化(管理会計から)
3、リピートを生み、均質なサービスにするための仕組み化
「3、リピートを生み、均質なサービスにするための仕組み化」のなかで、今日は、アプローチの仕組み化のお話しのつづきです。

さらに細かく

「顧客データを分類する」という行為が、新たに必要と考えられリストに追加されたとします。
それをさらに、目標に向かって行動しやすいように、行動を細かくしてゆくことができます。
たとえば、こんな風に。
・全員の顧客リストをあつめる。
・どの指標で分類するか、指標を決める
・実際に、指標に沿って、顧客をよりわけ、グルーピングする
・グループ毎に顧客リストをつくる
などに分けられますね。

いつやるか

次に、行動を、細かくリスト化できたら、つぎは、「いつやるか」を決めます。
さきにこまかくした行動を、カレンダーに落としましょう。
この段階で細かい日時を設定したほうがうまくゆく方と、そうでないかたがいらっしゃります。
細かいスケジュール管理が、あとから苦しくなるかたは、たとえば、
• 来月中に全顧客のリストをつくる
• 翌々月に顧客リストの三分の一を分類する
というような感じで目安を決めてすすむでいいです。
ちなみにわたしは、細かく日程に落とすほうではなく、ざっくり期間で決めておきたいタイプです。

だれがやるか

最後の段階になりました。
役割の責任者を決めておきます。
いままで、細分化して何をやるかを決め、カレンダーにおとしていつやるかまできまったら、次に、それぞれの行動について、誰が責任をもって行うのかを決めておきましょう。
もしかしたら、いまはひとり社長か、数人数でまわしているだけで、役職に応じた人数がいまいないよというかもかもしれません。
それでも、もし組織に経理部長がいたら経理部長か行うこと、と決めておくというわけです。
広告企画担当者いたら広告企画担当者がおこなうこと。
販売接客担当者がいたら販売接客担当者行うこと。
と、組織表にそって借りでいいので決めておくということをおすすめします。
仕組み項目を細分化する_みかんぐみ株式会社

仕組み項目を細分化する_みかんぐみ株式会社

そんなのやってる時間ねー、という声もきこえてきそうですね(笑)。
ですが、書いたら実現するという魔法もありますので、目標として書くことおすすめしたいです。
どんな人材が必要か、組織になるのかも、ここでわかりますしね。
以上、簡単なステップですが、やるべきことがかなり明確になります。
仕組み化ってどこまでマニュアル化しなければならないのと思われるかもしれませんが、最初はシンプルでかまいません。
細分化がたいへんであれば、まずは大さっぱな項目からでもかまいません。
1行とにかく書いてみましょう。
-----
5年後に理想の事業に成長させたい社長を応援します!
使命とともにビジョンと利益を実現させる、事業化コンサルタント
和田美香
-----

ABOUT THE AUTHOR

みかんぐみ株式会社事業化コンサルタント/中小企業診断士/代表取締役WadaMika
使命で利益を実現させる専門家、事業化支援コンサルタントの和田美香です。

≪お役にたてること≫
・価格競争にまきこまれず利益を確保するしくみづくりとお金の見える化
・ビジョンと利益をミッションで実現するPR・マーケのしくみづくり
・挑戦する事業に、チーム・顧客・応援者をまきこむストーリーづくり
・事業オーナーになるためのステージアップの道づくり

《簡単自己紹介》
・ストレングスファインダー 最上・収集・運命・戦略・着想
・資格 中小企業診断士/PRSJ認定PRプランナー/インテリアコーディネーター/宅地建物取扱主任者/7つの習慣ボードゲーム公式ナビゲーター
・得意なこと 信念をもった未来のワクワクを語り道をつくること、突然のひらめきを披露しあうこと,アイデアやひとをくっつけること。
・苦手なこと 決まった事の繰り返しや、すべてに同じことが必要な場面。夜の懇親会。
・ちょっぴり先の夢 しょうがいしゃ雇用と農業と輸出(外貨獲得)のアイデアを実現させる第一歩さがし。

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

Return Top