事業家をめざす社長のための教科書

使命とともにビジョンと利益を実現させる事業化支援の専門家

ひとり社長のメニュー改定歴紹介 11

使命とともにビジョンと利益を実現させる、事業化コンサルタントの和田です。

価格を上げ、利益を増やし、ビジョンにつながるための3つの大切なコト覚えていますか?

1、顧客の見える化(マーケから)
2、利益の源泉の見える化(管理会計から)
3、リピートを生み、均質なサービスにするための仕組み化

今日からは、「3、リピートを生み、均質なサービスにするための仕組み化」です。
ひとり社長が現場もまわし経営のかじ取りを行ってきたなかで限界を感じている場合、ここの段階のしくみ化を目指されると好転する場合が多いです。

経営者兼現場リーダーが現場で、背中をみせてついてこい、と言えるうちはいいのですが、このままでは社長はずっと現場をはなれられません。
しかも、顧客は、経営者のあなたについている場合が多いので、なおさらです。
経営者兼現場リーダーが担当しなくても、同じリピートを促すサービスをスタッフが実行できるようにサービス内容の均一化を図ること、そしてリピートを促す接触のしくみをチーム全体でつくることで、顧客をチーム全体でまわしてゆけるようになるからです。

職人気質でずっと顧客にあたってきた経営者はここが一番むずかしいでしょう。
もしかして、ここのチーム化、均質化の段階をあきらめ、あえて経営者一人だけで、経営し続ける道を選択する方も多いでしょう。
ここが分かれ道です。

でも、このブログを読んでくださっている方は、事業オーナーを目指されているので、きっとここの段階の乗り越え方を模索されている途中だとおもいます。
なので、まだまだできることがあると勇気をもっていただける内容にしてゆきますね。

さて、そもそも、どうして顧客のリピート化が必要なのか、ここはご理解いただいてますね。
スタッフさんにも伝えていただいていますね。

「ビジネスの安定を図るため」です。

そのために、ひとりひとりのお客様一生涯から自社に頂戴する価格を最大化することう目指すのが、ここの段階の大目標です。

お客様の一生とどうかかわってゆくのか、どんなしあわせを提供し、そのためになにができるのか、ひとつ前の段階「1、顧客の見える化」で土台を築いてから、ここの段階へすすんでいただくことおすすめします。

ただリピートしていただくだけ、ただ、顧客単価をあげるだけではないということです。
リピート率、顧客単価はひとつの目安であって、大目標ではありません。

ここをスタッフに伝えるときに、間違えないようにしないといけません。

同じことをスタッフに伝えるのにも、大きな高い視点から、そして身近な視点から、いいかえて何度も伝える機会をもつ必要がありますね

同じことをスタッフに伝えるのにも、大きな高い視点から、そして身近な視点から、いいかえて何度も伝える機会をもつ必要がありますね

 

 

 

 

 

 

-----
5年後に理想の事業に成長させたい社長を応援します!
http://5years.net/
和田美香
-----

ABOUT THE AUTHOR

みかんぐみ株式会社事業化コンサルタント/中小企業診断士/代表取締役WadaMika
使命で利益を実現させる専門家、事業化支援コンサルタントの和田美香です。

≪お役にたてること≫
・価格競争にまきこまれず利益を確保するしくみづくりとお金の見える化
・ビジョンと利益をミッションで実現するPR・マーケのしくみづくり
・挑戦する事業に、チーム・顧客・応援者をまきこむストーリーづくり
・事業オーナーになるためのステージアップの道づくり

《簡単自己紹介》
・ストレングスファインダー 最上・収集・運命・戦略・着想
・資格 中小企業診断士/PRSJ認定PRプランナー/インテリアコーディネーター/宅地建物取扱主任者
・得意なこと 信念をもった未来のワクワクを語り道をつくること、突然のひらめきを披露しあうこと,アイデアやひとをくっつけること。
・苦手なこと 決まった事の繰り返しや、すべてに同じことが必要な場面。夜の懇親会。
・ちょっぴり先の夢 しょうがいしゃ雇用と農業と輸出(外貨獲得)のアイデアを実現させる第一歩さがし。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top