事業家をめざす社長のための教科書

使命とともにビジョンと利益を実現させる事業化支援の専門家

ひとり社長のメニュー改定歴紹介 10

使命とともにビジョンと利益を実現させる、事業化コンサルタントの和田です。

価格を上げ、利益を増やし、ビジョンにつながるための3つの大切なコト覚えていますか?

1、顧客の見える化(マーケから)
2、利益の源泉の見える化(管理会計から)
3、リピートを生み、均質なサービスにするための仕組み化

その中で、「1、顧客の見える化(マーケから) 」にとりかかっています。
やっていただいたのは、3つ。
1-1、お客様の声を集める。
1-2、競合調査をする。
1-3、どんなやりたいことがあるのか。どういうことがやれるのか。それらをなぜやりたいのか。

今日は、失敗事例をみてみます。
お客様の声を集め、競合調査をしても、ミッション(使命)を強化や、それにそってサービスの組み換えができない方のパターンです。

主な原因は2つあります。どちらもお客様の声に関係します。

ひとつは、お客様の声の集め方があまかったためです。
もうひとつは、お客様の声の分析の仕方があまかったためです。

お客様の声の集め方があまかった

お客様の声を集める目的は、いま、「だれの」「どんなお悩みを解消してさしあげているのか」を明確にあぶりだすことにあります。

ただ、「丁寧にやってもらえる」とか「迅速に対応してもらえた」といっかお客様の声ばかりを集めても、専門家のところへお金をはらって丁寧にやってもらえる、迅速に対応してもらえる、は、当たり前です。

だれでもやってくれそうなことを、ただ丁寧に迅速にやってくれるというだけがあなたの特徴ですか。
ちがいますよね。専門家なので「なにかのお悩みを解消する」ためのお仕事をしてくださっているはずです。
専門家としての信頼性があるか、そこを、お客様の声をあつめて、しっかり深堀していただきたいのです。

 

お客様の声の分析の仕方があまかった

お客様の声は、「今」のあなたのターゲットとしているお客様の声です。
価格を上げ、利益を増やし、ビジョンにつながるために、見込み客層を変えてゆきたいと考えているときは、次のことを意識してください。
「今」のお客様の声のなかに、潜在顧客となる声はあるか。

つまり、今は「誰の」「どんなお悩みを解消してさしあげているのか」ということについて分析するだけでなく、今後「どんな人の」「どんなお悩みを解消してさしあげたいのか」も、同時にあぶりだしてゆく必要があります。

これがないと、今後行きたいターゲットに対してひびかない、ただ「いまの顧客」だけにひびく内容になってしまいます。

今後ゆきたいターゲットのお客様の声は、もしかして、おひとり様分だけかもしれません。
お一人様分でいいじゃないですか。
そこに気づかせてくださったお客様とのかかわりを、中心に「どんな人の」「どんなお悩みを解消してさしあげたいのか」を丁寧にひろってください。
そして、その方にひびく、「解決してさしあげられる専門性」からメッセージを出せばいいのです。

価格やサービスは、今の顧客のためか、今後行きたい方向のためのものか、違いをはっきりさせてとりくみましょう。

今後ゆきたい方向の顧客には、いまの顧客に発信しているサービス説明では届かないです。

たとえ同じ地域の同じコメの品種でも日照時間や水源によって味がまったく違うのだそうです。専門家もそうですよね。だから丁寧に客様の声ひろいたいです

たとえ同じ地域の同じコメの品種でも日照時間や水源によって味がまったく違うのだそうです。専門家もそうですよね。だから丁寧に客様の声ひろいたいです

 

 

 

 

 

 

-----
5年後に理想の事業に成長させたい社長を応援します!
http://5years.net/
和田美香
-----

ABOUT THE AUTHOR

みかんぐみ株式会社事業化コンサルタント/中小企業診断士/代表取締役WadaMika
使命で利益を実現させる専門家、事業化支援コンサルタントの和田美香です。

≪お役にたてること≫
・価格競争にまきこまれず利益を確保するしくみづくりとお金の見える化
・ビジョンと利益をミッションで実現するPR・マーケのしくみづくり
・挑戦する事業に、チーム・顧客・応援者をまきこむストーリーづくり
・事業オーナーになるためのステージアップの道づくり

《簡単自己紹介》
・ストレングスファインダー 最上・収集・運命・戦略・着想
・資格 中小企業診断士/PRSJ認定PRプランナー/インテリアコーディネーター/宅地建物取扱主任者
・得意なこと 信念をもった未来のワクワクを語り道をつくること、突然のひらめきを披露しあうこと,アイデアやひとをくっつけること。
・苦手なこと 決まった事の繰り返しや、すべてに同じことが必要な場面。夜の懇親会。
・ちょっぴり先の夢 しょうがいしゃ雇用と農業と輸出(外貨獲得)のアイデアを実現させる第一歩さがし。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top