事業家をめざす社長のための教科書

使命とともにビジョンと利益を実現させる事業化支援の専門家

ひとり社長のメニュー改定歴紹介 6

使命とともにビジョンと利益を実現させる、事業化コンサルタントの和田です。

「価格を上げることで、利益がどうかわるか、数字を知りたいかた」に、あなたの会社のお金の流れを図にしていただくための手順を3日かけてご説明してきました。

お金の流れを図式化して、固定費がわかったら、経営上どんないいことがあるのか?
ずばり、この6つです。

見える化の6つのいいこと

1、身の丈にあった地代家賃の額を決められます。不動産屋との交渉で、ずるずると、相手のいいなりになって、胃をキリキリさせる必要もありません。

2、スタッフの人件費や、社長の役員報酬を、いま、どれぐらいの額に設定したらいいかわかります。

3、今後、会社も利益を伸ばし、スタッフ給与を伸ばすためにお金がどうつかわれていて、どれぐらい必要なのかを知る共通認識の土台になります。売り上げをのばしたって、自分のポケットには入らないと、しらないふりをする従業員がでなくなります。1千万円プレーヤーになりたい従業員がいたとしましょう。夢をかなえるには、これだけの売上が必要だからね、といえるわけです。

4、ビジョンを達成するために必要な利益からみて、必達の粗利、必達の売上高がわかります。なんとなく、前年度10%アップの売上高アップの目標では、スタッフのモチベーションがあがらないのは当然です。そこにストーリーがないのですから。でも、図をみなで理解できれば、ビジョンを実現させるための道筋をストーリーで共有できます。

5、いくらまでなら、借りていいか、借入の限度額がわかります。大抵の方は、「かしてくれる上限をかりたい」という思考ですが、銀行にへこへこするだけです。利益のなかから元本を返済することを理解できれば、金融機関に対して、「あなたの給与をわたしたちといっしょにつくるわけです」という姿勢で、交渉に臨めます。

6、広告費をかけるとき、リターンの目標数値もでます。

そういえばとふりかえってみれば、なんとなくで運転してきてませんでしたか?
もやもやしてませんでしたか?

いいことづくめすぎ? しらなくても、やってきたことが、でもなんとなくやってきたことときづいたら、すべてがはっきりします

いいことづくめすぎ? しらなくても、やってきたことが、でもなんとなくやってきたことときづいたら、すべてがはっきりします

お金をの流れを図で見える化した、Aさんが、ひとまず家賃上限をきめてまず引越しし、そして3年後の再移転を目標を前倒しにされて1年半後にされたのは、上記のような「必達ストーリー」があったからです。

なんとなく、「儲かっている」とか「儲かっていない」という言葉をつかっています。
あなたにとって、指標となっている利益はどこですか?

粗利を見ていますか?
税引き後当期純利益をみていますか?
どこをみたら、次の一歩にふみだせるか、ここまででわかりましたよね。

さあ、次、Aさんのメニュー改定の数値目標がきまったので、顧客の見える化へと明日からすすみましょう。

-----
5年後に理想の事業に成長させたい社長を応援します!
http://5years.net/
和田美香
-----

ABOUT THE AUTHOR

みかんぐみ株式会社事業化コンサルタント/中小企業診断士/代表取締役WadaMika
使命で利益を実現させる専門家、事業化支援コンサルタントの和田美香です。

≪お役にたてること≫
・価格競争にまきこまれず利益を確保するしくみづくりとお金の見える化
・ビジョンと利益をミッションで実現するPR・マーケのしくみづくり
・挑戦する事業に、チーム・顧客・応援者をまきこむストーリーづくり
・事業オーナーになるためのステージアップの道づくり

《簡単自己紹介》
・ストレングスファインダー 最上・収集・運命・戦略・着想
・資格 中小企業診断士/PRSJ認定PRプランナー/インテリアコーディネーター/宅地建物取扱主任者
・得意なこと 信念をもった未来のワクワクを語り道をつくること、突然のひらめきを披露しあうこと,アイデアやひとをくっつけること。
・苦手なこと 決まった事の繰り返しや、すべてに同じことが必要な場面。夜の懇親会。
・ちょっぴり先の夢 しょうがいしゃ雇用と農業と輸出(外貨獲得)のアイデアを実現させる第一歩さがし。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top