事業家をめざす社長のための教科書

使命とともにビジョンと利益を実現させる事業化支援の専門家

高価格化 20 供給過多な世の中で利益を増やすために必要な変数

使命とともにビジョンと利益を実現させる、事業化コンサルタントの和田です。

プライシングについて参考になる本をご紹介してきています。

前回の投稿で、高価格化 19 人間そのものが商売するサービス業が値下げしてはいけない理由をお伝えしました。
田中さんの著書
良い値決め 悪い値決め ―きちんと儲けるためのプライシング戦略
をご紹介し、会計の知識から、値下げがいかに悪かを理解していただけたかと思います。

勝間さんも 、利益を得る為には価格を1%でも上げようと、著書
勝間式「利益の方程式」 ─商売は粉もの屋に学べ!─
のなかで説いています。

利益をとるための方程式を両者ともに提示しているなかで、勝間さんのほうが変数がひとつ多いのです。
田中さんの説く利益の方程式  1個の利益(販売単価-仕入れ単価)×販売数量=全体の利益
勝間さんの説く利益の方程式  (顧客当たり単価-顧客当たり獲得コスト-顧客当たり原価)×顧客数=利益

「顧客当たりの獲得コスト」がどうしてはいっているのかなあとおもって、考えてみました。
わたしなりの考えですが、勝間さんが「供給過多にいまの時代にマーケティングは大切」ということを伝えたかったかたらではないでしょうか。
人口が伸びない日本のなかだけで考えていると、新しい顧客は、結局だれかの失客でしかありません。
だから、プライシングにおいて、会計知識ではなくマーケも大切と方程式にも表して説いているのですね。

勝間さんなりるマーケが大切と説く点で、2つ理由に納得しました。

顧客の声に敏感になれ

顧客獲得コストを究極にゼロにするには、リピーターを増やしロイヤルカスタマーを育ててゆくことと、口コミが発生することにゆきつきます。

会計知識や数字の操作だけで、価格アップを考えている段階では、リピーターになっていただく仕組みや、口コミを得てゆく仕組みづくりがおざなりになり、どうしても「新規客」にばかり目がゆきがちです。
ロイヤルカスタマーでさえ、「既存客」とひとくくりに考えてしまいがちです。

顧客獲得コストに注目し、まず顧客の声を聴いてから出発しようという勝間さんの提案は、利益をもたらすロイヤルカスタマーも大切にする目線をわすれずに全体をみわたせるようになります。

俯瞰的な視点をもたせてくれる

顧客獲得コストを極端におさえて利益をとったため、翌期の利益がへってしまった企業の例をあげてくれてます。
それを読むと、自分のビジネスは、顧客獲得コストをどのぐらいの期間で回収するかという思考に向かいます。
いまのコストは次の期の利益になるのか?
長期的な視野で、利益をつくってゆく考えをもつことができます。
単月黒字にこだわる必要もありますが、中小企業の経営者でも、3~5年先の視点をもつ必要があります。
俯瞰的視点も養ってくれる提案なんですね。

高価格化は、利益を得るために行います。
そのために、会計知識だけでもだめだし、心理学の知識だけでもだめだし、利益を削らないように調整する項目にマーケティングの知識も大切という提案だったんですね。

労働時間が長いから手軽で安価にカロリーが取れる娯楽(食事)にはしり、肥満な男性がふえているという論理に納得

労働時間が長いから手軽で安価にカロリーが取れる娯楽(食事)にはしり、肥満な男性がふえているという論理に納得

最後に、勝間さんが言ってる「利益は地球資源にも優しい」と説いていた一文を引用して、おきます。
利益を得ることは、私利私欲なのではなく、地球規模に利益をもたらすことなんだと、勇気をもらえます。

P43
もし、より短い時間で高い利益を上げるとこができたら、私たちは低カロリーの食事をもっとゆっくり楽しみながら摂ることができます[略]
つまり、「利益を上げること」は企業にとって必要なだけでなく、私たちが人間らしてく生きるため、充実した人生を送り、そして地球の資源を長持ちさせるためにも、必要な考え方なのです。

-----
5年後に理想の事業に成長させたい社長を応援します!
http://5years.net/
和田美香
-----

ABOUT THE AUTHOR

みかんぐみ株式会社事業化コンサルタント/中小企業診断士/代表取締役WadaMika
使命で利益を実現させる専門家、事業化支援コンサルタントの和田美香です。

≪お役にたてること≫
・価格競争にまきこまれず利益を確保するしくみづくりとお金の見える化
・ビジョンと利益をミッションで実現するPR・マーケのしくみづくり
・挑戦する事業に、チーム・顧客・応援者をまきこむストーリーづくり
・事業オーナーになるためのステージアップの道づくり

《簡単自己紹介》
・ストレングスファインダー 最上・収集・運命・戦略・着想
・資格 中小企業診断士/PRSJ認定PRプランナー/インテリアコーディネーター/宅地建物取扱主任者
・得意なこと 信念をもった未来のワクワクを語り道をつくること、突然のひらめきを披露しあうこと,アイデアやひとをくっつけること。
・苦手なこと 決まった事の繰り返しや、すべてに同じことが必要な場面。夜の懇親会。
・ちょっぴり先の夢 しょうがいしゃ雇用と農業と輸出(外貨獲得)のアイデアを実現させる第一歩さがし。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top