事業家をめざす社長のための教科書

使命とともにビジョンと利益を実現させる事業化支援の専門家

なにから仕組み化を始めたらいいか迷うとき、いい質問あります

使命とともにビジョンと利益を実現させる、事業化コンサルタントの和田です。

事業家への道は、経営者が自分でおこなっている仕事をマニュアル化することから始まると、マイケル・ガーバーは説いています。
はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術

この本に出会ったとき、いまのわたしに必要な本はこれだと思いました。
手いっぱいだったからです。
なにかを手放さなければならないと感じていたので、これを解決するには仕組み化だ、わたしもやるぞとおもったのでした。
けれど、本にであったときの感動が大きかったにもかかわらず、最初半年ほどなにも手につきませんでした。
あまりに、毎日の仕事が全方位的だったからです。
仕組み化するにも、どこから手をつけていいか途方にくれていました。

そんなとき、ドリーミングルーム 認定ファシリテーターで、ご自身も事業家の岩下さんとお話しさせていただく機会がありました。
岩下さんのブログ
http://ameblo.jp/soshikikeisei/

恥ずかしいという気持ちより、なんとかしたいという気持ちから、おもいきって、「いまぱんぱんになっているわたしと自社をすくってくれるのはこれだ、という気持ちが強いのですが、どこから手をつけていいか途方にくれています」と尋ねてみました。

するとこんなアドパイスいただきました。

「もし、いま、5万円か10万円、手元に余裕の資金があって、その資金を元手に仕事を手伝ってくれる人にお願いするとすれば、どの部分からお願いしたいですか?」

マーケ?
財務?
人事?
顧客対応?
新規顧客の面談?
クレーム対応?
それとも、どの部門?

自分にそう問うてみたら、一瞬で答えが。
わたしは、正しく進めなくてはならないとおもっていて、どこから始めるのか正しいのかを探していただけだったのかと気づかされました。
始めるのは、どこからでもいいのですね。
決めるのは、経営者の自分なのですね。

ということで、質問いただいた次の日から、仕組み化のメモを毎日1行だけでもやっと始めることができました。

もし、仕組み化のきっかけをみつけられずに迷っている方いらしたら、岩下さんからわたしが教えてもらった質問をお伝えしたいです。

どこから始めるかということに、正しいとか間違いはありません。
あなたが、どこから始めるか、ということだけです。
仕組み化にとりくむ仕事のレベルとか、部門とか、気にしているより、まずやる。

そう気づかせてくれた岩下さんも、いまでも少しづつマニュアルをブラッシュアップしつづけておられるとおっしゃっていました。
一度に出来上がるものではないということもわかりました。
始めるにあたって「完璧を最初から目指さない」のも、一歩をふみだす大事な要素ですね。

殻を割るって大変な力仕事です

殻を割るって大変な力仕事です

わたしは、経理から手を付け始めています。
できれば、この経理のマニュアルは、経理スキルはあるけれどフルタイムで復職するのは難しい女性に、在宅テレワークでやっていただける仕事にしたいなとおもっています。
当面の目標は、複数事業部をみわたせる資金繰表までつくっていただけるようなものにしたいということ。
この投稿を機に、ロードマップいちどつくってみます。

-----
5年後に理想の事業に成長させたい社長を応援します!
http://5years.net/
和田美香
-----

ABOUT THE AUTHOR

みかんぐみ株式会社事業化コンサルタント/中小企業診断士/代表取締役WadaMika
使命で利益を実現させる専門家、事業化支援コンサルタントの和田美香です。

≪お役にたてること≫
・価格競争にまきこまれず利益を確保するしくみづくりとお金の見える化
・ビジョンと利益をミッションで実現するPR・マーケのしくみづくり
・挑戦する事業に、チーム・顧客・応援者をまきこむストーリーづくり
・事業オーナーになるためのステージアップの道づくり

《簡単自己紹介》
・ストレングスファインダー 最上・収集・運命・戦略・着想
・資格 中小企業診断士/PRSJ認定PRプランナー/インテリアコーディネーター/宅地建物取扱主任者/7つの習慣ボードゲーム公式ナビゲーター
・得意なこと 信念をもった未来のワクワクを語り道をつくること、突然のひらめきを披露しあうこと,アイデアやひとをくっつけること。
・苦手なこと 決まった事の繰り返しや、すべてに同じことが必要な場面。夜の懇親会。
・ちょっぴり先の夢 しょうがいしゃ雇用と農業と輸出(外貨獲得)のアイデアを実現させる第一歩さがし。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top