事業家をめざす社長のための教科書

使命とともにビジョンと利益を実現させる事業化支援の専門家

高価格化 7 まずは割引が必要かどうかを見直す

ミッションとともにビジョンを実現させる、事業化コンサルタントの和田です。

高価格化のためにやるべきこと3ステップ覚えていますか。

1、理念浸透
2、労働環境の整備
3、価格アップの実行

今日からは、ステップ3をお伝えしましょう。

ここのステップ3は、ほんと奥深いです。
この価格とサービス内容について日々考えるのが好きでないと、経営者はつとまらないのではないかと思うぐらい、大切と考えてます。
利益率をあげるために顧客単価を上げる手段は、いまあるメニュー表の数字を、さらに高い数字に取り換えるだけではありません。

今日は、いま行っているすべての割引を見直していただきたいです。

あなたのビジネスで、顧客との接点のどこかで割引してませんか?

はじめの位置取りや腕のふりの角度ひとつどれをとっても、結果がちがってくるのは、価格決定も同じ

はじめの位置取りや腕のふりの角度ひとつどれをとっても、結果がちがってくるのは、価格決定も同じ

新規顧客獲得のとき

たとえば、美容室でよくあるのは、新規客を集めるために「初回50%引き」といった、新規顧客への割引サービス。

新規顧客に来店メリットを感じていただくために、「割引しか思いつかない」とおっしゃる場合もおおくおられます。

ですが、「顧客メリット=割引」は勘違いです。

他のよさがわからないから、「割引でもしているところに、とにかくいってみるか」ぐらいの気持ちでしか顧客側はないのです。

なので、新規客から2回目客になるリピート率は、割引をせずに新規集客している店舗とくらべ、低くなります。

割引せずに新規客を集客する方法さがしてみる勇気まずもってください。

リピート顧客を育てるとき

それから、既存顧客に対して、割引クーポンを発行してませんか?
リピートいただくためにとかんがえ、2回目ご来店時に割引したりしてませんか。
会員カードと称してポイントを顧客に付与し、ポイントがたまったら割引クーポンをだしたりしてませんか?

リピートくださるかたに割引クーポンを発行すると有効なのは、生活用品など買い物頻度が高く、来店頻度をおおくしてほしい物販店舗です。
クーポンを発行する事で、余計な買い物をしてくださったり、クーポンを使おうと来店間隔を短くしてくださることにつながり、結果一人当たりの顧客がつかってくださる金額が増えるわけです。

ですが、業種によっては、同じ店舗経営でも来店頻度にの違いから向いていない店舗もあります。

「女性はクーポンを貯めるがすきだから」という感覚だけで、割引クーポンを発行しても有効でない、むしろ利益率を圧迫するだけという場合もあります。

なので、リピート対策に割引がほんとうに有効かどうか、みなおすことも有効です。

明日は、サービスの提供時間に注目する方法をみてみましょう。

-----
5年後に理想の事業に成長させたい社長を応援します!
http://5years.net/
和田美香
-----

ABOUT THE AUTHOR

みかんぐみ株式会社事業化コンサルタント/中小企業診断士/代表取締役WadaMika
使命で利益を実現させる専門家、事業化支援コンサルタントの和田美香です。

≪お役にたてること≫
・価格競争にまきこまれず利益を確保するしくみづくりとお金の見える化
・ビジョンと利益をミッションで実現するPR・マーケのしくみづくり
・挑戦する事業に、チーム・顧客・応援者をまきこむストーリーづくり
・事業オーナーになるためのステージアップの道づくり

《簡単自己紹介》
・ストレングスファインダー 最上・収集・運命・戦略・着想
・資格 中小企業診断士/PRSJ認定PRプランナー/インテリアコーディネーター/宅地建物取扱主任者/7つの習慣ボードゲーム公式ナビゲーター
・得意なこと 信念をもった未来のワクワクを語り道をつくること、突然のひらめきを披露しあうこと,アイデアやひとをくっつけること。
・苦手なこと 決まった事の繰り返しや、すべてに同じことが必要な場面。夜の懇親会。
・ちょっぴり先の夢 しょうがいしゃ雇用と農業と輸出(外貨獲得)のアイデアを実現させる第一歩さがし。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top