事業家をめざす社長のための教科書

使命とともにビジョンと利益を実現させる事業化支援の専門家

高価格化 2 メリットは両方にやってくる

価値を見極める判断基準をつたえるのは、プロとしての仕事の大きなひとつ

価値を見極める判断基準をつたえるのは、プロとしての仕事の大きなひとつ

ミッションとともにビジョンを実現させる、事業化コンサルタントの和田です。

2 値上げのメリット・デメリット

時間的制約や物理的制約が出てキャパオーバーになったときが、値上げのタイミングと昨日お伝えしました。

価格は、「顧客が感じる価値への感謝の尺度」という観点からみると、値上げのメリット・デメリットは分かりやすいです。

値上げのメリット

今日は、値上げのメリットをメインにお伝えしましょう。

値上げするということは、顧客に対し、提供価値向上を約束するということになります。
これは、顧客側にとって利便性向上、時間短縮、利益増大にむすびつき、メリットとなります。

そして、価値向上を約束した内容を信じて下さる方とは、関係性強化につながります。
なので、これまでただの顧客との関係のかたが、ファンとして接してくださるようになってゆき、仕事がやりやすくなるという自分メリットもあります。

また、提供価値向上を約束するということは、より提供内容にトンガリをもたせることが前提にもなります。
あれもこれも、すべての面において素晴らしいということを目指していたとしても、「結局なにがよくなったの?」という印象を与えかねません。
提供価値が向上するポイントに賛同いただけるように、価値向上ポイントを明確に示す必要があります。
となると、結果的に、価値向上ポイントに期待して下さるかただけが残ることになります。
つまり、顧客選別につながります。
ひいては、物理的制約や時間的制約があったとしても、効率化、利益拡大につなげやすくなります。

価格アップは、ただサービス(商品)提供者側の利益増大だけに視点がゆくと、横柄にみえますが、ベストなタイミングの価格アップは、
両者に得なことが起こるわけです。

わたしはよく、「好きな顧客と仕事をして、三方よしを実現しよう」とお話をさせていただいており、このこととも通じます。
せっかく自分主体で活きる道を選んだのに、経営者になってからも嫌いな顧客と「お金もらってるのだから」といやいや仕事の関係は、自分だけでなく相手も、時間ももったいないだけでなく、パフォーマンスも落ちて、両者の得にならないともおもっています。

たまに、「価格アップをすると、『もっとあれもこれもやってくれ』と顧客がよりわがままになり、これ以上対応しきれなくなる」と心配される経営者さんもいらっしゃりますが、逆です。

顧客側も、どんな点を期待していいかわからないから、「価格が高いなら、こんなこともしてくれるのかな、あんなこともしてくれるのかな」と妄想をふくらませなければならない状況におちいっているだけなのです。

きちんと手順をおって価格をアップを提示すれば、そんな心配は要りません。

明日は、値上げのデメリットと、さらに、デメリットを考えだしてとまらなくなったときの思考整理方法をお伝えします。

-----
5年後に理想の事業に成長させたい社長を応援します!
http://5years.net/
和田美香
-----

ABOUT THE AUTHOR

みかんぐみ株式会社事業化コンサルタント/中小企業診断士/代表取締役WadaMika
使命で利益を実現させる専門家、事業化支援コンサルタントの和田美香です。

≪お役にたてること≫
・価格競争にまきこまれず利益を確保するしくみづくりとお金の見える化
・ビジョンと利益をミッションで実現するPR・マーケのしくみづくり
・挑戦する事業に、チーム・顧客・応援者をまきこむストーリーづくり
・事業オーナーになるためのステージアップの道づくり

《簡単自己紹介》
・ストレングスファインダー 最上・収集・運命・戦略・着想
・資格 中小企業診断士/PRSJ認定PRプランナー/インテリアコーディネーター/宅地建物取扱主任者/7つの習慣ボードゲーム公式ナビゲーター
・得意なこと 信念をもった未来のワクワクを語り道をつくること、突然のひらめきを披露しあうこと,アイデアやひとをくっつけること。
・苦手なこと 決まった事の繰り返しや、すべてに同じことが必要な場面。夜の懇親会。
・ちょっぴり先の夢 しょうがいしゃ雇用と農業と輸出(外貨獲得)のアイデアを実現させる第一歩さがし。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top